<< キッチン・ストーリー・・・ あえて、小さなオペラvol.2... >>

こげぱん講師始動・・・

激動だった5月も今日で終わり、ようやく日常生活にもゆとりが出るようになりました。
5月、製パンの講師始動~。
150人程の生徒さんを担当、何とか無事に終えたものの、今までお料理一本でやってきて製菓や製パンは趣味程度にとどまっていただけに、技術も知識も未熟でどうなるかと冷や汗ものでした。

e0038778_263247.jpgまずはレシピ通りに焼いてみる。来る日も、来る日も・・・。
次にあえて崩して焼いてみる。水分量を多くしたり、少なくしたり、こね方を変えたり。
更にアレンジ。此処まで来ると少し自分でも楽しめるようになる。
腰も肩も手指も勤続疲労で根を上げる頃、ようやくどうにか形になって来た気がするが、まだまだ経験値不足で、焼く度にお顔の違ったパンが・・(笑)ほら、少し前に『こげぱん』ブームがありましたよね。とあるパン屋さんがうっかりカマドの中に取り残して、焼きすぎて黒ずみ、すっかりパン人生をあきらめてしまった「こげぱん」。そのやさぐれた根性がラブリーな癒しキャラ。あれが脳裏を過る日々でした(笑)


こねる⇒第一醗酵⇒ガス抜き⇒分割・丸め⇒ベンチタイム⇒成型⇒第二醗酵⇒焼成

これが大まかな製パンのプロセスですが、
ふとこれは子育てそのものじゃないか!!!と気が付いたのです。お子様がいらっしゃらない方は御自分とご両親の関係を思い浮かべてみて下さい。

こねる・・・・
三つ子の魂・・なんて言いますが、パン(人として)の良し悪しを決定づけるしつけのプロセス。
ですから容赦は要りません(笑)ひたすらこねる、こねる、こねる・・時にたたく、延ばすで15分ぐらい。


第一醗酵⇒ガス抜き⇒分割・丸め⇒ベンチタイム・・・・
ここは押したり引いたり。思春期ですから(笑)
特にガス抜きとかベンチタイムは後の成型に(人生に)大いなる影響を与える大切な引きのプロセス。
実際焦らず生地を充分休ませてやると、延びの良い美しいパンが出来上がります。


成形⇒第二醗酵⇒焼成
子育て最終段階、もう親として手出しは出来ません。優しく・・いやもとい、ジリジリしながらも見守るしかありません。うっかり口なんて出してしまったら誰の為の人生か勘違い、自立の足を引っ張って泥沼です(経験者)
最後は綺麗にお色直しをさせて送り出します・・・・・180度のかまどの中。

な~~んて事を考えながら初めての教室で生徒さんの作ったパンがオーブンから出て来た瞬間の感動は忘れられません。何だか全部吹き飛んでしまってこげぱん講師冥利に尽きる瞬間でした。
『さあ、焼き立てを召し上がって下さい!頑張ったあなたと、偶然その空間に居合わせた人だけの至福のお味ですよ!!』
そう、一番伝えなきゃいけない事はパン作りを愉しみましょう!!!でしたわ。
[PR]
by lime2005 | 2009-05-31 01:49 | 日記
<< キッチン・ストーリー・・・ あえて、小さなオペラvol.2... >>