<< 島オクラに思う ③・・・ 島オクラに思う・・・ >>

島オクラに思う ②・・・

もう9月というのに、相変わらずの厳しい残暑。
今年の夏の異常な暑さが地球からのシグナルや警告に思えるのは私だけじゃないはず。近年世界規模で起きる異常気象の全てがそうだとも言い切れないけれど確実に何かがオカシイ。地球の自家作用が機能不全に陥っている、そんな感じでしょうか?!!

9月は秋刀魚料理を何種類も教えるので秋刀魚の不漁に青くなりつつ、千葉県でマンゴーが採れるニュースに今更驚かない自分が怖い・・。

在るべきモノが姿を消して別のモノにとって変わる。長い地球の歴史の中で生物はそうやって形を変えながら命を繋いできたはずだが20世紀以降そのスピードが超高速化しているのを感じる。島オクラ以来、『種』って何だ?と考えていたら『生物多様性』に到達。

この『生物多様性』という言葉を初めて聞いたのは2年前の洞爺湖サミット。その時は住環境悪化による絶滅寸前の動物を救う環境運動ぐらいにしか思っていなかったのですが、実はわれわれの生活に直結し、今後の食料&環境問題のキーワードでもある事を知る。

あえて環境問題からでは無い、科学の視点から冷静かつわかり易く説明されたサイトを見つけたのでご一読下さい(なかなか美しいサイトです)。


読むと“守るべき生物多様性”や“生物多様性のあるべき状態”は、人間の価値観が決める問題とある。奪っておきながら一方で必要性を問く愚かな価値観の事ですよね。でも何とかしなきゃいけない。
動物もそうですが、植物はさらに深刻。既に遺伝子操作されてほとんど人の意のままですものね。

一昨日のNHKニュースでタイムリーに今年10月に名古屋で開催されるCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)の事が詳しく報じられた。ぜひそこで協議される具体的な目標には注目したいと思う!!!!

昔読んだH・ヘッセの日記の一節を思い出す・・・・・

 私は自分の小さな庭に、楽しい春の期待をこめて、インゲンやレタス、モクセイソウやコショウソウの種を撒き、それらに前年の作物の残滓を肥料として与え、前年の作物の事を思い返し、新たに生えてくる植物に思いをはせる。誰でもそうであるように、私もこの整然とした循環を、当然の、しみじみと心にかなうこととして受け入れる。そしてほんのときおり、種を蒔いたり、収穫したりするときに、心の中で、数瞬間、この地上のあらゆる生き物のなかで、ひとり私達人間だけが、この事物の循環に不服を言い、万物が不滅であると言う事だけでは満足できず、自分達のために、個人の、自分だけの、特別なものをもちたがるというのは、なんと不思議なことであろうかと、思うことがある。 (庭にて、ヘッセ31歳)
[PR]
by lime2005 | 2010-08-31 06:43 | 日記
<< 島オクラに思う ③・・・ 島オクラに思う・・・ >>