<< 二度あることは、やはり三度あっ... 2012年おせち・・・ >>

HBR・・・

愛読している雑誌『Health&Beauty&ReviewHBRをご紹介。

e0038778_23245971.jpg書店では扱っていない会員制の月刊通販雑誌です。
メインテーマはズバリ『アンチエイジング
『美と健康』とわざわざタイトルにあるのは、若い人はどちらも溢れんばかりに持っているので当然中高年向け。雑誌『わかさ』とか『壮快』の仲間ですね(笑)
今まで様々な健康雑誌に手を出した末たどり着いた、ちょっとしたツボ雑誌です。

何処がツボかと言うと
 1、美と健康をテーマに今日から取り組める様々な生活提案が満載な事 
 2、健康医療情報を読み解くリテラシーを鍛えてくれる事・・・の2点。


例えばこんな感じで記事は展開・・・
今月の特集、『2012年人生を変える生活提案100』の中、正しく美しいウォーキングのページ、
美しい歩き方は疲れないから・・・
 足の運びはかかとからつま先に抜けるように1歩を踏み出すのが基本。
 そして大切なのは後ろの歩幅を意識して多目に取る事。この時膝裏が伸びているのがポイント。
 膝裏を伸ばすことによって股関節の伸展角度が適切に。すると骨盤の角度が安定して上半身のs字カーブ が自然に正しい状態に収まり綺麗で身体機能アップの歩き方が出来る(中村格子・スポーツドクター)

なるほど膝裏だったのか!!!・・・という具合で早速新年から実行するに、歩くスピードが増した感じ。
疲れ具合の効果はまだ実感出来ないが、自分の歩き方を見直すきっかけになった。

2のツボについては普段から健康医療情報の真価を見極めるのは至難の業・・というか不可能に近いと感じている。情報は滝のように流れ襲ってくるし、その中から本当に有益で自分に合った方法を見つけていくのはとても効率が悪い。じゃあ最新で正確な健康・医療情報ってどこかで簡単には手に入らない?
病気やその治療に関して、一般には医療情報サービスセンターの『minds』にアクセスすれば様々な最新の医療ガイドラインを無料で検索出来るが、如何せん読みにくい(医療専門家向けだから仕方ないか!)
かと言ってネットの情報検索では玉石混交すぎて本物と作られた情報の見極めが私には出来ない。
そこでHBRの力を借りながら情報読み取り能力のスキルアップを進行中。

不満はもう少し内容を掘り下げて欲しい記事が多い事と高い誌代(広告が無いので当然かもしれませんが)
嬉しいのはエビデンスが怪しい東洋医学や代替医療についても積極的に取り上げて、漢方や薬膳、ヨガや気功についての記事を惜しまない点でしょうか(笑)最近の私の関心はむしろ此方にあるのですが・・・。

HPの記事を読むだけでも楽しいのでぜひ皆様もアクセスしてみてください。
ちなみにバックナンバーはこちら。
[PR]
by lime2005 | 2012-01-15 08:08 | 日記
<< 二度あることは、やはり三度あっ... 2012年おせち・・・ >>