<< 天守物語・・・ 蕎麦米雑炊・・・ >>

子供の領分・・・

春から引き受けた自治会の役員の仕事。
夏祭りや老人会の集いなどのイベントの企画、運営に加えて月に一回の行政との橋渡しの会議への出席も割り当てられた重要な仕事。
5月から今月で3回目の会議になるが毎回挙げられている議題を理解するのが精一杯で、今までいかに地域にそっぽ向いて暮らしてきたかを思い知らされる。
少子高齢化、ゴミ&環境問題、治安と交通安全・・・難題山積である。加えて近隣の工業団地に建設予定の国内最大の産業廃棄物センター建設反対運動、、、(ムム、知らなかった)

その中で子育て支援の一環として行われている区のサポート事業にフト疑問を感じた。
手渡されたパンフにはこう書かれていた。

  『公園遊びサポーター』が出動します。(公園デビューのお手伝い)

その具体的な内容は保育、子育て支援活動の経験者が公園に直接出向いて遊具の使い方や集団遊びの指導をするのだそうだ。ついでに公園のゴミ拾いをして分別の勉強まで。
公園デビューという言葉そのものに抵抗のある私には目的、内容共に理解し難い。
単刀直入に言うと大いなるおせっかい。公園での遊び方まで指導しないと子供を遊ばせられない親がいると思い込んでいる行政のエゴイズムを感じた。
本当に保育や子育て経験者が立てた企画だろうか、そうだとすると『遊び』が何たるかを理解していない!!!!

少子化で公園で子供を遊ばせるのも大変な時代と感じる反面、手を貸していい事と控えた方が良い事の線引きも大事だと思う。
『遊び』は未知で果てなく続くもの。楽しい気持ちと同時に不愉快だったり、悲しくなったり、時には怪我をしたり、そんなネガティブな部分も経験を積んで克復していく。大人はそれを見守るだけでいいのである。
子供は遊ばせるんじゃなくて、遊ばなきゃいけないのである。
保育園や幼稚園の集団に入れば耳を覆いたくなるほどの『指導』だらけの日々が待っているのだから、せめてそれまではという願い。

こんな企画をたてた人達にはぜひドビュッシーのピアノ曲『子供の領分』を聴いて童心に返って、公園で遊んだ日の事を思い出してもらいたい。
幸い、子供の為のピアノ曲では無いのですよ、この曲は。
[PR]
by lime2005 | 2006-07-25 06:51 | 日記
<< 天守物語・・・ 蕎麦米雑炊・・・ >>