<< Cosuta del sol ・・・ 2006なつやすみ・・・ >>

頑張れ!日本のワイナリー・・・

休んで楽した分はきっちり後から返ってくると、、わかっていても(笑)
遅くなりました、、、ワイナリーレポ。

今回訪ねたワイナリーは50を下らないと言われている日本のワイナリーの中でも比較的大手の山梨県甲斐市にあるサントリー『登美の丘』ワイナリーと長野県小諸市にあるキッコーマンの『マンズワイナリー』の2箇所。
どちらも見学を予約して置けば約30~40分のコースで自家葡萄畑~醸造所~ワインセラーの見学と試飲ができて、日本のワイン作りの片鱗に触れることが可能。


e0038778_2395212.jpg
まず『登美の丘』ワイナリーであるが、約100年の歴史或るワイナリーで山梨県甲斐市の富士山を東側に望む丘陵地に位置する。
正面ゲートを入ると真夏なのにヒンヤリと感じる醸造棟が現われて、ヨーロッパのシャトーを思わせた。ワインは絞った葡萄果汁を酵母菌でアルコール醗酵させた飲み物だが、此処には良い酵母が生息していそうな感じ。
音楽ホールでは大変お世話になっているメーカーだけに、イメージを大切にしている感じを受けた。サントリーと言えばウイスキーと擦り込まれていたせいか(ひと昔前のCMは斬新でしたね~)、創業はワイン作りと聞いて意外だった。



e0038778_285077.jpg


予約時間に受付を済ませると30人程の見学者で葡萄栽培とワイン醸造の簡単なスライドを見せてもらった後、醸造棟、地下セラーを見学をする。季節柄、醸造タンクは空、ワイナリーは秋の収穫時期に向けて小休止状態だったが、貯蔵庫で静に眠りながら熟成を続けるワインを拝見し感激した。

e0038778_2344098.jpg

山の斜面を掘って作られた地下セラーは真夏なのに15度ぐらいに保たれていて、半袖では肌寒く感じた。1995年のビンテージが見えた。もう9年眠りに着いている。作りたてをすぐにいただくと美味しいボジョレーを代表する新酒を除いて、殆んどのワインはセラーで寝かし熟成され開栓の時を待つが、どのワインをどれだけ寝かすかが作り手の腕の見せ所のようだ。


e0038778_319166.jpg
醸造棟のある場所から葡萄畑を左右に望みながら丘に登ると、甲府盆地を一望できるビュースポットに出る。
そこに広がるのは、日本の何処でも見られる葡萄棚で、メルロー(赤ワイン用葡萄)が鈴なりに実っていた。食用の葡萄に比べると実が小さくてぎっしりついている。
葡萄は皮の側が一番糖度が高いので、実の数が多いほど良く、食用の葡萄に比べると甘味が強い。後少しすると葡萄を剪定して数を減らすことで、更に一つの枝の糖度を上げるそうだ。究極は食べて美味しい葡萄こそが美味しいワインに向くのだそうだ。
そこでちょっと意外だったのは葡萄の木は他の植物や作物が生育しないような痩せた土地が最適という事。根を深く張って水分やミネラル分を吸い上げる為には肥えた土地では不向きとか。目からウロコ~。



e0038778_3262448.jpg
ワイナリー内の蛇口も茶目っ気たっぷり!!!
ここからワインが出てきたら凄いよね・・・とわざわざひねってみる娘。
(な、わけが無い!でも美味しい水でした!)

登美の丘はその名の通りの美しいワイナリーだった。
名前がそのままワインになった『登美の丘』を試飲する。
いつも個性的なフランスのワインばかり飲んでいるせいか、
優等生で主張控えめ。でも色、香り、味共に及第点の美味しいワインでした。




次に訪ねたのはマンズワイン『小諸ワイナリー』こちらは小諸市内の北西部に、南斜面の丘に位置したワイナリーでゲートを入るとリースリング(白ワイン用葡萄)の畑が左手に、右手に日本庭園が広がり、その奥に醸造所があった。
見学はほぼ同じ内容だったが、高温多湿の日本でのワイン作りがいかに大変で難しいかをざっくばらんに語ってくれたところに好感を持てた。


e0038778_1214561.jpg
ヨーロッパで見たいくつかのワイン用葡萄畑はどれもが人の背丈より低い木で、棚は無く支柱が何本か添えてあるのみだった。これは人が収穫し易い位置に葡萄が実り、土から近い事で栄養分が良く行き渡り味の濃厚な葡萄が収穫出来るとの事。
一方日本では夏の長雨で葡萄の木に病気が出易いため、棚にして上部を葉で覆い雨から実を守る為と湿った地面から出来るだけ遠ざけることで腐敗を防ぐのだそうだ。


e0038778_18334932.jpg
ワインボトルの栓として使われるコルクはこのコルク樫の木の皮を剥ぎ、形抜きして使われるそうだ。地中海西部のポルトガルやスペインの一大産業にもなっていて、一番外の皮は質が良くないので建材などとして使われるとか。

e0038778_18361637.jpg







開栓した時いつもワクワクするコルクのデザイン。
奇麗で捨てられないので増える一方だけど。


e0038778_1841614.jpg
こちらは広場にあったモニュメント
TINAHA(ティナハ)といいます。スペインのラ・マンチャ地方で今でも使われている醗酵、熟成用の素焼きの甕だそうだ。先端が尖っているので土中に埋めて使うのだろう、澱が先端に貯まって奇麗に醗酵がすすむのだそうだ。何だか美味しそうではございませんか、機会があったら味わってみたい、ティナハ熟成のスペインワイン。




e0038778_2035529.jpg
こちらの巨大タンクは現役の熟成タンク。グラスライニングタンクというらしい。
内側はホーローにグラスファイバーが吹き付けてあって、魔法瓶のような構造。高品質が保てるようにタンク一つで65000本分のワインが一度に醗酵、熟成できるそうだ。フルーティさを味わう若いワインはこのまま瓶に詰められる。


e0038778_20171541.jpg


ワインは樽に入れて熟成させるものもあって、樽(ホワイトオーク)の柔らかい香りと色をつけるのが目的。その樽の内側の焼き具合で香りが変わってくるという。また新しい樽と使い込んだたるでは香りのつき方が変わる。
私にはほんのりバニラの香りに思えるのが樽香な!?と最近思う。
どのワインをどの樽にどれだけ入れるか、これが作り手の腕の見せ所らしい。




e0038778_20401736.jpg
工場見学で試飲しまくった結果選んだこの一本。
マンズワイン『SOLARIS』2001、メルロー100%
重すぎず、軽すぎず、微かな樽香に豊かな果実みがブーケとなって広がる。きりっとした渋みが上品で余韻もばっちり。国産ワインもここまでやるのね!とすっかり虜(笑)

ワインは葡萄の品種によって、またその産地で、年々の気候条件で、一つとして同じ物を口に出来ない一期一会の飲み物。
まだまだ醸造の歴史は浅いけれど、頑張れ!日本のワイナリー!!! 
 

この次はぜひ新潟にあるCAVE D’OCCIワイナリーを訪ねてみたい。

[PR]
by lime2005 | 2006-08-29 00:58 | 日記
<< Cosuta del sol ・・・ 2006なつやすみ・・・ >>