<< 谷マジック・・・ ダーチャが欲しい vol.2 ・・・ >>

9月が終る・・・

忙しくてあっという間だった9月が終る、、、
今月は幾つかのアクシデントに見舞われた特別な月だったと思いたいが、思い返すと毎年気忙しい月であるようだ。季節が大きく動く月なので家事もそれなりに雑用が増えるし、夏休み明けの学校行事も何かと多い。だからと言って何かをしたという充実感は得られないのが悔しい。

幸田文さんのエッセイ『季節のかたみ』には『9月は手練手管にまどわされそうになる月』とあって、なるほど言いえて妙と思った。
『目前のことにまどわされず、物事も季節もしっかりと足の下に踏み敷く気でいなければ9月という月は扱えない。さんざ手を焼かせて、あっさりと逃げていく、徒(あだ)な恋のような、そんな手練にのせられたのではかなわないと思う』
とあって、笑ってしまった。文さんのようなしっかり者でも持て余した月なんだと安堵する。

教室ではもうすっかり秋のメニューである。

  栗おこわ、茸の揚げ出し、吹き寄せご飯(まだ銀杏が翠で綺麗)
  さんまのしょうが煮、春菊と黄菊のみぞれあえ、ずいきといちじくのくるみあえ、、、、

さんまは今月の初めの頃のはまだ身が締まっていて味はあっさりと淡白な感じだったのが、つい先週末にはもう脂の乗った秋さんまが届き始めた。クチバシの先が綺麗な黄色になっていて、頭のところがぷっくり盛り上がるように膨らんでいる、、これが脂の乗り切った合図。
塩焼きも美味しいのですが、筒切りにしたものを少しの酢を加えてしょうが煮にするとまた格別の美味しさ。
秋の食材は心が安らぐ喜びがあるように思う。

さあ~~10月こそは季節をしっかりと足の下に組み敷いて、深まる秋を満喫するぞ~。
[PR]
by lime2005 | 2006-09-25 13:06 | 日記
<< 谷マジック・・・ ダーチャが欲しい vol.2 ・・・ >>