<< 最新『食』考察その1・・・ 志の輔らくご・・・ >>

骨正月・・・

皆様は骨正月をご存知ですか?
『お正月が忙しかったから骨休め期間か?』なんて思っていたら違った(笑)

先日、一月のメニュー『ぶり大根』をブリのあらで作る方法を説明していたら生徒さんの1人が『それは骨正月に食べます』とおっしゃるのだ。
初耳にして面白い言葉だなあ~と思い調べてみると二十日正月(はつかしょうがつ)の事で一連の正月行事の締めにあたる日だそうだ。
他にも地方によって呼び名が違って頭正月とか乞食正月とか・・主に西日本が中心のようだ。

昔は出世魚として縁起の良い鰤や鮭を正月前に丸々一尾下ろしたら軒下に吊るして置いて、少しづついただいたそうだ。今でも九州では雑煮に鰤は欠かせないと聞く。

それが正月も二十日過ぎにはもう頭と骨だけになり、いよいよご馳走も食べつくし、これを持って正月の贅沢も終わりとしてブリ大根や糟汁にして食べたようなのだ。一種のケジメである。

いつでもご馳走食べ放題の現代からすると何だか食べ物に対する畏敬の念が感じられる言葉と習慣に耳が痛しであるが・・。

ちなみに教えてくださった方は京都出身。今でもご実家ではブリ大根をいただくそうだ。

寒い日が続いているし、我が家も新鮮な鰤のあらを手に入れて今夜はブリ大根に037.gifしようかな~。
[PR]
by lime2005 | 2008-01-16 23:12 | 日記
<< 最新『食』考察その1・・・ 志の輔らくご・・・ >>