<< 最新『食』考察その3・・・ 最新『食』考察その1・・・ >>

最新『食』考察その2・・・

考察続行・・・・

二度ある事は三度ある』この言葉を今度こそ遭遇しないようにとの警告と願いを込めて夫に捧げたいと思う。

雪印乳業、白い恋人、不二家、赤福、ミートホープ、比内鶏、そして吉兆031.gif
ここ数年に起きた記憶しているだけの食品メーカーの不祥事の数々である。
(思いたくは無いけれどこれらがほんの氷山の一角に過ぎない証拠に、昨年一年の食品自主回収件数はそれまでの3倍増だそうだ・もう絶句033.gif

ところが、その内の二度までも夫は発覚前日に商品を購入してしまった人。
『これが宝くじなら間違いなく高額当選者じゃない!?』・・と本人は何故か得意気&無自覚。

最初は忘れもしない2年前の1月10日。娘の誕生日に夫が買ってきた不二家のケーキ。翌日に不祥事発覚、営業停止。
『何故いまさら不二家?』の問いに・・・
『残業で不二家しか開いていなかった。それに社長は中高の同級生』・・・・・008.gif一同無言。

次は記憶も新しい昨年10月。岐阜に出張した夫の手土産『赤福』
滅多に出張しても手土産なんて持ち帰らない人だけに十何年ぶりの『赤福』に一同盛り上がる。
『ちょっとあんこが薄味になってない?』
『この柔らかさを保つ秘訣はあえて聞きたくないわね』・・・と娘と言いたい放題。その翌日、記者会見、営業停止。
朝のニュース報道を耳にした家族の冷たい視線044.gifを浴びる夫を御想像下さい(笑)
いえ、断じて夫には責任はありません!!!それ程高い確率で事故が相次いだという証拠。
実際に健康被害があった訳ではないし、かつてドイツ滞在中に時々経験した、冷凍食品の野菜を茹でていると青虫くんがお湯にぷっかり!なんていう心臓早打ち事件でも無く(←何度経験しても慣れず・笑)

期限切れ材料の不正再利用、賞味期限改ざん、原料産地の不正表示・・とよくもこれだけいう感じである。
食品会社の事故が人の健康や生命に直結しているという感覚が皆無のうえ、どの事件も『経済的効率』が何より優先された。つまり儲かれば欠陥商品を騙して売りつけても平気というモラルの欠如。そのどれもが『内部告発』によって明らかにされた事実も象徴的だった。

思うに、これはその人が扱おうとしている商品が『食料』か『食糧』かの差ではないかと思う。
カロリーと栄養が充たされればいいものを『食料』とし、そこに活動の源、心の糧が加味されるものを『食糧』としたとすると、圧倒的に『食料』しか扱おうとしなかったせいじゃないかと。その人自身の食生活もが透けて見えるようではないか、、、

人は良いエネルギーを吸収しなければ、それを再び還して行く事が出来ないようにも思う。
決して食べ物だけに限らないけれどね(笑)、なんて書いているうちに今度は中国製餃子!!007.gif
[PR]
by lime2005 | 2008-01-28 16:15 | 日記
<< 最新『食』考察その3・・・ 最新『食』考察その1・・・ >>