<< 須賀敦子が愛したもの・・・ IFAA 2008・・・ >>

骨折その後・・・

骨折生活3週間目突入・・・。
もう患部の腫れも内出血によるうっ血もひいて、痛みも動かす時だけに減った。
骨折当日の保冷材で冷やし続けても引かなかったあの痛みからすると夢のような回復。
前回の簡易ギブス(足の裏側だけを固定)から膝までのガッチリギブスに替えていただき、
患部が足首からしっかり固定されるので安定感があって具合良い。
今はギブスと言ってもグラスファイバー製の包帯を使うので、軽くて通気性が良くて快適。
もう少しばかりの移動なら松葉杖を使わないでかかとを使いながら移動できるようになり、ストレスが激減(家族も・笑)
医者によると『とにかく足を使わないのが何よりも快癒の早道』との事。
お陰さまで小さな骨が付き始めているので順調のようです。
此処で無理をせずと自分に言い聞かせてじっと耐える日々・・・。

ところで、この骨折時の腫れと痛み、これって何だろうと思った。
折れた骨が神経を刺激しているの?それとも内出血の痛み??
別に骨折に限らず、人は外傷や疾患時に患部に痛みを感じるけれど今更何故?!な疑問。

困った時のワイル博士の本にはこう書かれていた。

 『患部の炎症、それに伴う痛み、すなわち疼痛(とうつう)は局所に防御物質を集めようとする免疫系が利用する伝達物質の方出によって引き起こされる』
そして、

 『その痛みを不快なものと感じる事によって、われわれの注意を局所に向けさせ、活動の防御と休養を強いる。つまり、炎症とそれに伴う痛みは体の治癒能力が正常に働いているサインであり、局所に必要な栄養物や免疫部隊が到着したことのしるしである。』
うう~ん、そうだったのか。炎症のメカニズムを初めて納得する。

つまりは不快と感じる事自体が治癒へのプロセスであり、代償だったのねと納得。
逆にこのプロセスから外れる怪我や病気こそが要注意なんでしょう~。

『そうは言っても痛いものは痛い!!よって、二度と骨折なんかご免だわ033.gif!!!』

と自覚、自己防衛させる事も人の体にはプログラミング済なハズなのですが・・・008.gif
[PR]
by lime2005 | 2008-09-29 01:28 | 日記
<< 須賀敦子が愛したもの・・・ IFAA 2008・・・ >>