カテゴリ:日記( 101 )

できること・・・

無い知恵をいろいろと絞ってみましたが、とりあえず被災地の子供達に児童書や絵本を届けるプロジェクトに参加することにしました。
調べてみると、ユニセフのちっちゃい図書館プロジェクトや、
ap bank の贈る図書館プロジェクトなどがあるようです。
ap bankのほうが寄贈出来る本の種類制限が少なく、期限も長いようですのでこちらに。
ap bankはミスチルの櫻井さんや坂本教授ら3人の設立で、贈る図書館はMy Little Loverのakkoさんの呼びかけで始まったようです。

幸い、子供達が読んだ絵本や児童書がまだ沢山残っていたので、早速梱包して送付。
お祝いやアンケートの謝礼でいただいた図書カードが残っていたのでこちらは新書に換えて同送しました。
ご賛同していただける方はぜひご一緒に!!!!(ただし、てんでんこに・・)




   < 贈る図書館 > hp要旨より

私には岩手県野田村に、大切な友人家族がいます。その野田村も甚大な被害にあっています。いつも冗談ばかり言っていたその友人が、地震直後でさえ、それでもまだエネルギーを見せていたのに、あれから2週間以上経ち、本人は決して口に出して言いませんが、日に日に元気がなくなっているように感じます。

村の図書館も壊滅してしまいました。今も避難所にたくさんの人が避難しています。そんな彼からぽろっと、「ありふれた生活の大切さを痛感している被災地の子供たちに、本があるといいのではないか、、」という提案を頂きました。もちろん、生きることに必要な食料などの物資が先であることは重々承知です。それはそれできちんとサポートしていきます。でも、実際復旧を待たなくてはいけない子供たちやご高齢の方達の時間というのは、限りなく長いものでしょう。

そんな時にもし、ほんの少しでも気持ちが安らぐような本、今はどこへも行けないけど想像の旅に出られるような、そんな本があったら役に立つのではないかと考えます。

そこでみなさまにもご協力のお願いです。

まずは絵本や大人が読んでも楽しめるような児童書を中心に集めて、被災地へ送り届けたいと思います。これは野田村だけでなく、状況をみながら出来る限り多くの被災地へ運びたいと思っています。

なのでご自宅に眠っている古本がありましたら、もちろん新書でも構いません、そして本屋さん、出版社さん、どうぞご協力お願い致します!

集められた本たちは私akko、そしてAPバンクが責任を持って被災地へ届けます。

【送付先】
〒106-0043
東京都港区麻布永坂町1番地 麻布パークサイドビル402
ORS内「贈る図書館」係り

くれぐれも、被災地の方たちが読まれる本だということを考慮しながら、本をお選び下さい。
やみくもに送ってしまいますと、逆効果が起きてしまうかもしれませんので。

My Little Lover akko



国内外のアーテイストが被災地支援に熱く立ち上がっているなか、ベルギー発のNPO『アクト・フォー・ジャパン・ベルギー』が設立、始動した記事を読む。
おおぉ~う。昨年末に身体を張ってワーグナーの大オペラを魅せてくれた指揮者の大野和士氏も参加ではありませんか。ベルギー・モネ劇場で今月タクトを取る大野さん。
アクト・フォー~はベルギーで活躍するジャンルを超えた表現者達が、それぞれの持ち場で募金を呼びかけるそうだ。
発起人のダンサーの日玉浩史氏、サッカーの川島永嗣氏、建築家の針生康氏、他400名もがメンバーに。
『デザイナーはポスター、パフォーマーは慈善公演、と<餅は餅屋>で活動できる。個人では出来ない事を横のつながりで可能にし、組織や国境にしばられず、大きなうねりとなって日本を元気づけられれば』と大野さんは語っている。

縦の組織に縛られてか!?やることが後手後手の〇電さんにはぜひ学んで欲しい動きである。
そして自粛するなら夜桜の提灯(・・むしろ全廃してほしいが)までにして音楽をはじめ、アートの動きをこんな時だからこそ止めないで欲しい!!!!
芸術にはエネルギーと鎮魂の両方がある』は日玉氏の言葉である。
[PR]
by lime2005 | 2011-04-05 07:07 | 日記

きょうで10日・・・

その瞬間、ビル9階の仕事場にいた私は立っているのがやっとの状態で、しばらく長く大きな揺れに耐えた。ギシギシと不気味な音がこだまして、流しを堰き止めて食器の浸け置き洗いをしようとしていた水がバシャバシャと床にこぼれ落ちた。すぐに血の気が引いて頭を過ったのは先日起こったニュージーランドの地震のビル倒壊。揺れは大きく2回。2度目の揺れの後、仲間と相談してビルを離れる事にした。
直前に取ったラジオの情報で交通機関の麻痺は予想がついたけれど、とにかく駅へと5分程歩く。
私鉄もJRも点検中~と駅で待つ事2時間。その時ふと覗いた駅の街頭テレビのニュース映像に我が目を疑った。
それは阪神淡路大震災で、高速道路の橋脚が横倒しになった映像が頭の中で処理出来なかった時と同じように、波がつぎつぎに町を飲み込んでいく光景が理解不能に陥る。いったい今何が起こっているのか!!!!

あれから10日。
余震の恐怖と戦いながらの被災地救援・原発危機・計画停電・物流の混乱や農産物の放射能汚染・・とめまぐるしく情報が駆け巡る。
地震以来、安全上の理由と教材確保の難しさから教室は4月半ばまで休講となり私は自宅待機。すごく居心地の悪い自分を感じている毎日。

そんな中、今朝仙台から一本の電話があった。
今月末に計画していた仙台旅行で泊まる筈だったお宿の主からでした。
『建物に被害が。ライフラインも物資の調達も難しいので4月一杯は休ませてください』と大変申し訳なさそうな口調。情報はすでに旅行会社から入っていたのですが、一人一人に電話をしないと気持ちが済まなかったのでしょうか。
旅行先に仙台を選んだ事が今では不思議で??ならないのですが、『どんなに時間がかかっても必ず元の美しい森の都と海岸線を取り戻せますよ。その時はきっとまた訪ねさせてください。』と出来るだけ明るい声で伝えました。

これから10日・・。
さて私達は何をするべきなのだろう?!!!!
[PR]
by lime2005 | 2011-03-21 17:40 | 日記

とれたてホップ・・・

某ビールメーカーの期間限定ビール『とれたてホップ』にはまっています。
岩手県遠野産旬のホップを贅沢に使用。まだ青みをかんじるようなホップの苦味と甘さが浮き立った、みずみずしい香りのビールは今年で発売8年目になるのだそうだ。
毎年試しているのだけど、一昨年から飛躍的に美味しくなったのは余計なものを原材料に使わなくなったせいなのか!?!(ちなみに麦芽・ホップ・水のみ)

ホップはビールに香りと苦味と豊かな泡立ちを添えるハーブだが、『とれたて』とわざわざ銘打つのはほとんどの国産ビールが欧州産の乾燥ホップ(タブレット状)使用なのに対して、晩夏に収穫した国産ホップをそのまま冷凍後砕いて使用したのが『とれたて』の所以だそう。
先日お邪魔したビールメーカーで見せていただいた生のホップがこれ。甘~い香りがしました。
e0038778_23572536.jpg

受精する前の雌株にある松かさみたいな『毬花』と呼ばれる部分の事なんだそうで『酵母はビールに命をホップは魂を入れる作業』と教えてくれた。なんだぁ~ホップは乙女の香りだったのね~(笑)

e0038778_054578.jpg

今年は初物の牡蠣フライと味わってみました。

ちなみに只今(某ビールメーカーにて)マイビールを醸造&熟成待ちです。
大麦を大鍋で煮て糖化させるとこから始める本格醸造は思いの他大変な作業で、いつもなら一気に泡と消えるビールをじっくり味わって飲むようになりました。
[PR]
by lime2005 | 2010-11-21 23:32 | 日記

秋薔薇・・・

ひんやりとした夕風が心地良い午後、秋薔薇の美しいローズカフェでのんびりお茶の時間。
e0038778_0174998.jpg

秋薔薇は花が小振りで香りがやわらかい。花の数も少なくて、初夏の薔薇に比べると彩を尽くして艶ならずな楚々とした風情。(たぶん春薔薇はこんなにゴージャス)

カフェはこの土地特有の『はけ』と呼ばれる南斜面の崖に薔薇園が広がっていて、晴れた日は富士山も望める眺望。この日は墨絵のような夕富士が奥多摩の山陰に映えて美しかった。

e0038778_155460.jpgいいなあぁ~こんな場所がすぐ御近所にあって!!と友人を羨みたくなるような素敵なカフェなんです。
もちろんいただいたお茶はローズティ-。
あぁ~~~こんなにのんびりお茶をいただくのは何ヶ月ぶりだろう~!!!


e0038778_112949.jpg

歌舞伎役者のような古風な風貌のオーナーの薔薇への思い入れの強さが伝わってくる庭には薔薇の他にもハーブやたくさんの草花が植えられている。

東京には薔薇の名所が幾つかあるけれど植物園風の薔薇園は苦手。これでもか!と競って咲く薔薇にどんどん気持が萎えていくから。でもここの薔薇園がほっと安らぐ空間なのはどうしてなんだろう?と思うに、オーナー自身が庭造りを楽しんでいるからなんじゃないかな?!!と感じた。

次回は春薔薇~レポします。
[PR]
by lime2005 | 2010-11-09 00:18 | 日記

草冠に秋・・・

先日の雨ではらはらと咲きこぼれる中庭の萩。
すごく成長の早い植物らしく数年前に挿し木した枝が今では手におえない程に枝端まで咲き乱れるようになった。紅と白・・。
秋風と静かな雨が似合う草である。

   いちはやく萩は乱るる風を得つ   大野林火 

   散りごろの萩にやさしき雨ひと日  能村登四郎
e0038778_1024831.jpg

[PR]
by lime2005 | 2010-10-13 10:38 | 日記

島オクラに思う ③・・・

まだまだ続く、島オクラ問題・・・。

私の故郷、讃岐のお米は子供の頃マズかった。その事に気が付いたのは11歳で東京生活が始まった時で、ササニシキだのコシヒカリだの、東北地方で採れたお米を食べるようになってからだった。もっちりしてつやつや。パサついて香りも良くない讃岐のお米は太刀打ち出来ないと子供心に感じた。
でも今日本で作られる6割の米がコシヒカリとその兄弟、親類品種なんだとか。これは私達がひたすらこの40年間『美味しいもの』を追い求めた結果と言える。

話しは変わって、春に列島と宮崎を激震させた口蹄疫問題。大量に殺処分される牛や豚を前になすすべ無く落胆する畜産農家の人達。これがもし全国に広がったら・・と恐怖を感じた事が記憶に新しいですよね。
その時、家畜は優秀な一部の《種牛》によって量産される実体を知って凄く驚いた。つまり種牛こければ皆こける仕組み・・・。

野菜しかり、米しかり、肉しかり・・・どんどん育成される品種が限られて淘汰されている現実。
このまま日本人にとって、《今日の美味しさ》だけが追求され続けたら、災害や病気の発生の度にハイリスクを負って困るのは私達自身だと言う事を知っておかなければならないと思った。


で、ここから本題ですが、
この状況を直視した上で、私達に出来ることは何か?と考えてみる。

地産池消に加えて、いろいろな種類のものを食べる事。伝統野菜などの在来品種を積極的に探して食べる。美味しさや安さ(極端な安値には必ず理由があります!!)だけを追求しない食材の求め方の得とく。手にした食材が何処で、どんな風に、誰によって作られたかをできる限り知る努力。難しい事ですがそんな小さな事の積み重ねが結果、生物多様性を含めた環境までもを考えた食の有り方に繋がるのではないでしょうか!!!!!

この不況下、節約が『美徳』のように囁かれていて、女性週刊誌でその凄まじさを競う記事も多いですが、【食】に関してはまったくナンセンス、逆効果だと感じます。エンゲル係数(家計の消費支出に占める飲食費の割合)なんて懐かしい言葉、家庭科の時間に習いましたよね。若い世帯では収入も少ないのでエンゲル係数が高くなるのは仕方が無い事ですが、今それ程困っていない世帯でもマスコミに踊らされて食費の節約に走る人が多くなっているのだそうです。
安全で美味しい、地球環境まで考えた食のあり方には、私達消費者もリスクを負う必要がある事を、微力ながら教室で訴え続けて行く事にしています。

ちょっと深刻な話になってしまいましたが、『豊に食べる』楽しさも同時に提言していくつもりですのでお付き合い下さいね♪
[PR]
by lime2005 | 2010-09-10 09:23 | 日記

島オクラに思う ②・・・

もう9月というのに、相変わらずの厳しい残暑。
今年の夏の異常な暑さが地球からのシグナルや警告に思えるのは私だけじゃないはず。近年世界規模で起きる異常気象の全てがそうだとも言い切れないけれど確実に何かがオカシイ。地球の自家作用が機能不全に陥っている、そんな感じでしょうか?!!

9月は秋刀魚料理を何種類も教えるので秋刀魚の不漁に青くなりつつ、千葉県でマンゴーが採れるニュースに今更驚かない自分が怖い・・。

在るべきモノが姿を消して別のモノにとって変わる。長い地球の歴史の中で生物はそうやって形を変えながら命を繋いできたはずだが20世紀以降そのスピードが超高速化しているのを感じる。島オクラ以来、『種』って何だ?と考えていたら『生物多様性』に到達。

この『生物多様性』という言葉を初めて聞いたのは2年前の洞爺湖サミット。その時は住環境悪化による絶滅寸前の動物を救う環境運動ぐらいにしか思っていなかったのですが、実はわれわれの生活に直結し、今後の食料&環境問題のキーワードでもある事を知る。

あえて環境問題からでは無い、科学の視点から冷静かつわかり易く説明されたサイトを見つけたのでご一読下さい(なかなか美しいサイトです)。


読むと“守るべき生物多様性”や“生物多様性のあるべき状態”は、人間の価値観が決める問題とある。奪っておきながら一方で必要性を問く愚かな価値観の事ですよね。でも何とかしなきゃいけない。
動物もそうですが、植物はさらに深刻。既に遺伝子操作されてほとんど人の意のままですものね。

一昨日のNHKニュースでタイムリーに今年10月に名古屋で開催されるCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)の事が詳しく報じられた。ぜひそこで協議される具体的な目標には注目したいと思う!!!!

昔読んだH・ヘッセの日記の一節を思い出す・・・・・

 私は自分の小さな庭に、楽しい春の期待をこめて、インゲンやレタス、モクセイソウやコショウソウの種を撒き、それらに前年の作物の残滓を肥料として与え、前年の作物の事を思い返し、新たに生えてくる植物に思いをはせる。誰でもそうであるように、私もこの整然とした循環を、当然の、しみじみと心にかなうこととして受け入れる。そしてほんのときおり、種を蒔いたり、収穫したりするときに、心の中で、数瞬間、この地上のあらゆる生き物のなかで、ひとり私達人間だけが、この事物の循環に不服を言い、万物が不滅であると言う事だけでは満足できず、自分達のために、個人の、自分だけの、特別なものをもちたがるというのは、なんと不思議なことであろうかと、思うことがある。 (庭にて、ヘッセ31歳)
[PR]
by lime2005 | 2010-08-31 06:43 | 日記

オリーブ結実&珍客・・・

ベランダのオリーブが結実。たしか5月の末には4~5粒あったはずなのに、鳥に食べられたのか自然淘汰されたのか大きくなったのはこの一粒だけ。だから毎日の水遣りの時にも特別目をかけて可愛がってしまうのです。

e0038778_8571169.jpg


植物油のほとんどが<種>から油分を取り出すのに対して、オリーブは<果実>を絞って取り出す。つまりオリーブ油(バージンオイルの場合)とはオリーブの実の果汁の事。その上熱処理や化学処理(精製他)さえ行わない、実に原始的方法のまま作り続けられている健康油。だから香りが良いのね!と納得ですね。

よく観察するときっちり半分に折りたたまれた葉っぱ発見!!!おやおや珍客来葉(笑)
(虫くんが苦手な人の為にわざとボケ味で・・)

e0038778_918253.jpg























そっとその葉っぱを広げてみると抜け殻の小さな蛹。蝶か蛾だと思うけれど、どうやって葉っぱを几帳面に半分に折ってその間に忍び込み、粘着物質で蛹を接着という業をやってのけたのか005.gifもうあっぱれです!!!

実の方ばかりが注目されがちですが、実は葉っぱも栄養豊富なんだとか。
私が育てている目的は南欧風料理のテーブルセッティングに飾る一枝をいただく為なんだけれど、葉にはポリフェノールの一種のオレウロペイン、カルシウム、鉄などのミネラルも含まれているので、今度ハーブティとしてもいけるんじゃあないかと目論見中~。
[PR]
by lime2005 | 2010-08-10 09:01 | 日記

大銀杏よ再び・・・

お隣のF夫人にいただいた携帯画像は先日倒れた鎌倉の大銀杏です。
e0038778_4295272.jpg

『別当公暁のかくれ銀杏』と言い伝えられた樹齢千年の銀杏は、鶴岡八幡宮の本宮に上る左手途中から下に移されて、再び根付きの時を待つ事になりました(ほっ!)。

甥の公暁の手にかかって命を閉じた実朝の死をもって源氏の治世は終わりを告げるのですが、『吾妻鏡』にはこの日こんな歌が記されています。

        出ていなば 主なき宿と なりぬとも

                軒端の梅よ 春なわすれそ


これは、1219年1月27日、実朝が夜に予定されていた右大臣の拝賀式に出るため屋敷を出る時、家来に髪を切って与え、雪をかずいて咲く梅の花を見て詠まれた歌で、すでにうっすらとした覚悟が感じられる、哀しくも切ない歌なんです。少し出来すぎの感が否めないのは吾妻鏡が幕府の正式記録ゆえの潤色疑惑も当然あるからですが、

他にも、

       大海の 磯もとどろに よする波  
       
          われて くだけて さけて 散るかも       


大好きな歌です。こんな雄大と気品を兼ね備えた和歌を七百首以上も私家集(金塊和歌集)に収めさせた実朝は立派な詩人だったと定家も絶賛したと言われています。

私にとっての大いちょうは、この詩人実朝が京文化にあこがれを持ちつつ、歴史の波にのまれて生きた証のようにも感じられるので、再び元気に根付いて欲しいと心から願っています。

なお、お気に入りブロガー高味さんの描かれた大銀杏シリーズは実朝の時代から以降も人々の記憶に刻まれ続ける木を思って興味深いのでご紹介させていただきます♪♪
[PR]
by lime2005 | 2010-03-21 04:31 | 日記

2010年みちとも氏年賀状・・・

遅くなりましたが今年も頂きました。みちとも氏のお年賀状。
e0038778_0494439.jpg

これをいただかないと一年元気が出ません。
少し解説すると、この張子の虎は香川県三豊市の伝統工芸氏さんがお作りになった虎を神主さんにお払いを受けている写真を元にした作品なんだそうです。
鈴の音に呼応してまさに『魂』が入った瞬間なんでしょうね!!
今年もきっといい年でありますように。

[PR]
by lime2005 | 2010-01-15 00:51 | 日記