<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

半夏生と水無月・・・

梅雨の晴れ間の夕暮れは遅い。そんな季節になるともう直ぐ半夏生(はんげしょう)なんだと思う。暦の言葉の中でもひときわ妖しげな風情を漂わせる半夏生。

『半夏生(はんげしょう)』は夏至から数えて11日目、今年は7月1日があたるようだ。
暦の雑節の一つである。
二十四節気をさらに細分化したものに七十二候というものがあって、これが中国から伝わって日本では暦の雑節として土用(入)、節分、彼岸(入・中日・明)、社日、八十八夜、入梅等とともに生活に根づいたと言われている。

言葉の意味は『半夏生ず』で半夏(はんげ)と呼ばれるカラスビシャク(サトイモ科の植物)が生える頃・・・ということらしい。もっといろいろ想像していた私は少しガッカリ。

で、何故この半夏生が暦の雑節に取り入れられたか・・・と調べてみると梅雨の後期に入る目安として、遅くともこの日までには田植えを終えれば例え天候が不順でも『半夏半作』と言って例年の半分は稲穂が実ると言われたそう。稲作における田植えのタイムリミットを示す重要な日という訳。

ところで、半夏生の日には禁忌が幾つかあって、私はこれに興味を惹かれた。

 * 天地に毒気が満ち毒草(半夏)が生える    (半夏は毒草だったのか!!)
 * 天から毒気が降るので井戸には蓋をしなければならない。
 * 地が毒気を含むのでタケノコ、ワラビ、野菜を食べてはならない。
 * 作物の種をまいてはならない
 * 竹林に入ってはならない  等々・・・

梅雨の時期に物が傷みやすい事を『毒気が満ちる』と言い表わして注意を促した禁忌と思われるが、冷蔵庫や化学薬品の無かった時代の生活の知恵だったのだろう。

e0038778_1354072.jpg
ところで、先日知人から美味しい和菓子をいただいた。
6月になると和菓子屋の店先を涼しげに彩る『水無月』である。
三角形のういろうの上に小豆をのせた、モチモチとした下地と、小豆の淡い甘さが、程良くマッチした、素朴な味わいの上菓子。キリット冷やして冷茶で頂くのが美味。

この三角形は氷を象徴しているそうだ。
その昔、貴族が氷室に貯えた氷を切り出して食べたのが「氷の朔日(ついたち)」で今の6月1日。これから迎える暑い夏を乗り切る為のおまじないを伴った行事で、薄く削って蜜かけで食べたそう、、と清少納言の日記にもちゃんと残されている。
しかし当然庶民にはとても手が届かないことから、せめて氷に見立てたお菓子を食べて無病息災を願ったという歴史のある菓子だそうだ。

半夏生の頃に水無月をいただく時、迎える夏に込められた古人の願いが心に届く。
今年もいい夏を迎たいな。

[PR]
by lime2005 | 2006-06-29 11:00 | 日記

コジェナーのメゾ・・・

マグダレナ・コジェナーのメゾ・ソプラノをトッパンホールで聴いた。
ピアノはカレル・コシャーレク(チェコ)

e0038778_214755.jpg
***purogram****(1F-2列 9)
モーツァルト   歌曲より
シューマン    女の愛と生涯 Op.32
-------intermission---- 
ペトル・エベン    歌曲集『小さな悲しみ』(1965)
ドヴォルザーク    ジプシーの歌
ヴォルフ       『エドゥアルト・メーリケの詩による
              歌曲』より
 -------encore------
ドヴォルザーク   おやすみ 
ヤナーチェク    あの人の馬
シュトラウス     明日の朝

室内楽やピアノ、声楽のリサイタルには聴き易いトッパンホールでのコンサート。
この日はコジェナー初体験とあって大いなる期待を胸にホールに向った。

1973年チェコのブルノに生れたコジェナーはオペラの舞台も数多くこなす傍らでヨーロッパ各地の歌曲(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアそしてチェコ)を精力的に歌い続けている歌手であることをCDで知る。
歌曲好きの私にはたまらない、聴衆に媚びない多彩なプログラムに感動する。

先ずはそれぞれがオペラの一場面を彷彿させるような、ドラマティックなモーツァルトの歌曲を6曲熱唱。
中でも老婆(K517) は時計が早回りしてコジェナーの容姿に深い皺が刻みこまれたかと思えるほどの演技力と歌唱力に曲中にもかかわらず拍手が起った。
私だって拍手こそしなかったが声、歌唱力、表現力全てに3重マルを進呈。

シューマンの女の愛と生涯では『良妻賢母』という女のあり方をクララの一生と重ね合わせて聴いた。コジェナー自身も妻(夫はサイモン・ラトル)として母として喜びを噛締めて歌っているように思えた。

休憩を挟んで気分はボヘミアへ。
ペトル・エベンの歌曲集『小さな悲しみ』はグレイシュトーンの絵の具にひたひたと悲しみが染み込んでいく印象の失恋歌(1965年の作曲)。

 3曲目、4曲目の『パン屑』~『タバコの煙』の詩を紹介すると

              スザンナ・レンチョバー 詩    

   テーブルの上にパン屑が少し落ちた
   すると二人の疲れきった手がその上に降りてくる
   示し合わせた胡蝶のように。
   晩夏のそよ風がテーブルクロスをかすめるように。
   きっと小指がぶつかり、あなたとわたしの薬指も触れ合い、
   あたしたちはお互いに触れ合うでしょう。

   あの人がタバコを燻らすと、
     紫煙がふわっと天上に上ってゆく。
   あんたもあたしもだまったまま、
     遠くから樂の音が静かに聞こえる。
   あの人がタバコを燻らすと、
     優雅な紫煙の雲が高く高く立ち昇る。
   あたしの周りに雲は作るが、
     あたしには触れない、触れてもいいのに。

恋愛のせつなく、陰鬱な気分が満ちてくる詩と曲をしっとり聴かせてくれた。
  
ドヴォルザークの 『 ジプシーの歌』は日常的に『歌』が胸の内からおもむろに流れ出るジプシ-の自由と運命をたたえる歌。同じく自由のうちに永遠に歌の旅を続けるコジェナーを思った。
歌詞の持つ世界を音楽のイメージに載せて心の奥深いところで響かせて声にしていくコジェナーを密かに女ボストリッジと名付けた私(笑)

早速次はどんな楽曲を聴かせてくれるのか、来日が楽しみな歌手となった。
[PR]
by lime2005 | 2006-06-22 07:05 | 音楽

鯵寿司・・・

旬の鯵を酢じめにして、鯵寿司を作った。
笹巻きにすると香りも良く、初夏の味わい・・。
e0038778_1383531.jpg


作りかたは意外と簡単で、3枚おろしにした鯵を酢じめにするだけ。

 【材料】 4人分
 
 鯵......中4尾(100g前後めやす)必ず、刺身用、生食用 
 塩......大1          
 
 しょうが                             
 万能ねぎ
 笹の葉
                                   
 【作り方】

1、米用カップ2のすし飯を用意(お好みの合わせ酢で)、俵型に32個ににぎる。
2、鯵の3枚おろしをする。(ぜいごはつけたまま)

 【酢じめ】
3、表裏、まんべんなく大さじ1の尺塩をして臭みを抜いて、身を締める。20分ぐらい置く。
4、酢水(3:1)で鯵を酢洗いする。(余分な塩と臭みが洗い流される)
5、酢150ccに漬けて酢じめをする。途中で裏返しながら20分~30分漬けて置く。

6、水分をしっかりペーパーでふき取り、小骨を骨ぬきで抜く。頭から尾に向けて皮を剥がす。
7、1枚を4切れに削ぎ切りにして、真ん中に切り込みを入れる(深めに)
8、おろししょうがと小口切りの万能ねぎを切り込みに添える。
9、笹の葉は洗って水気を拭いて、すし飯と鯵を三角に包む。

酢じめをする時、前もって塩をする(塩じめ)のには訳がある。
塩をせずにいきなり酢に漬けると魚のタンパク質が酢の中の水分を一気に吸収してふやけ、身がぶよぶよになる。
そこで、魚の重量の5%前後の塩をふって身を締めてから酢に浸すと身が崩れずに歯ごたえのいい酢じめが出来る。
しめ鯖を作る時はさらに10%のふり塩(強塩)をするが、鯖は特別身が柔らかく水分が多いので充分に塩じめしてから、酢じめにする。鯖寿司(バッテラ)も鯵に負けないくらい美味。
[PR]
by lime2005 | 2006-06-19 09:00 | お料理

喜雨・・・

日本には雨の名前がいっぱい。
いったいだれなんですか、雨にこんなにたくさんの名前をつけた人は・・・。
嬉しくなって遊んでみた。


      地雨   大雨 篠つく雨    豪雨
 

      俄雨   霧雨    小雨  春雨  端雨 
 
甘雨     春時雨    翠雨    緑雨   雷雨        

うの花腐し   黴雨      日照り雨    菜種梅雨 

     
   村雨   喜雨    送り梅雨    私雨 

 
    
 半夏雨    栗花落    外待雨  

 肘かさ雨  梅若の涙雨     狐の嫁入り 


 涸梅雨      早梅雨   小雨    驟雨     五月雨   虎が雨

  雨喜び     曽我の雨   慈雨


これは春から夏にかけての雨の名前。
調べればもっとあると思うし、秋~冬を入れたら凄い数になりそう。
そして日本人の生活が古代から雨と深いかかわりがあった証拠でもある。

特定の範囲だけに降る雨を私雨外待雨。急に振り出した雨に傘が無くて肘を頭にかざすようにすることから肘かさ雨
梅雨のころ咲く卯の花や栗、この花をダメにするほど降り続く長雨が卯の花腐し栗花落(ついり)
曽我の雨は陰暦の5月28日に降る雨で、曽我兄弟が打たれた日。十郎祐成の愛人で大磯の遊女虎御前の涙が雨になったという、せつなくもロマンテイックな虎が雨

東京の杉並に住んでいた中高生の頃、夏の夕暮れには俄雨(にわかあめ)がよく降った。驟雨と呼ばれる激しいこの雨は一瞬にして涼を呼ぶいさぎよさがあったが、近年夕立ちも減った気がする。岩村氏によると、ばっさばっさと木が切り倒されて、雷雲も雷を落とす張り合いを無くしたんでしょう~とおどけていらした。

旱魃が続いた時、待ちに待った雨が降るのが喜雨慈雨雨喜び。たとえ様の無い喜びが字面から伝わって来る。
日本中に食べ物が溢れてるのに、食料自給率たったの40%で、益々休耕田が増える昨今。
この美しい雨の名前、先人達の言葉の遺産も少しづつ、確実に輝きを失っている。
[PR]
by lime2005 | 2006-06-16 11:53 |

鮎と俳人・・・

鮎の季節である。
鮎は香魚の名前があるように独特の臭いがあるが、これはえさの藻の香りによるもので捕れる川によって変わるという。塩焼きを蓼酢(たでず)でいただくのが最高で、わたの苦味と渋みがたまらない。もっとも普段魚屋で見かける養殖の鮎は太っていて油っぽく、香気を欠き精悍さは感じられないが。
・・・・・と直ぐに料理に向ってしまうので軌道修正して・・。

11年前の今頃である。図書館で一冊の小説と出会った。
e0038778_14262934.jpg
鮎と蜉蝣(かげろう)の時』 岩村 蓬
何だか透明感のあるタイトルに吸い寄せられるように本を手に取っていた。
旧制中学(現在の立川高校)の上級生との思い出を綴った瑞々しい作品で若き日の堀辰雄の小説を思わせた。
が、私が惹かれたのはタイトルの次のページに書かれた一句である。

  蜉蝣も鮎も美童も薄暮かな  蓬
     

たった17文字のこの詩は125ページの小説の世界を凌いでいると思った。
作者、岩村 蓬(よもぎ)氏のプロフィールには俳人とあり、直ぐに小説の感想と既に出版されている句集を求めたい旨の葉書をお出ししたら折り返し3冊の句集が送られて来た。
どれも謹呈の紙が挟み込んであり、私は恐縮した。
それからお亡くなりになるまでの7年間、俳人岩村蓬さんとの文通が続いた。

現役時代は某大手出版社の児童雑誌の編集者を務め、園芸にも詳しく、お好きだった椿の専門書を編んだのを最後にリタイアー。その後趣味の俳句や小説をしたため、雑誌『文学界』に文芸評やエッセイを投稿する優雅な俳人生活を送っていらっしゃった時出会ってしまったのである。

そして、何度か手紙をやり取りする内に、駆け出しの編集者時代に我亡き父と出会っていたことが判って、飛び上がるほど驚いた。きっと岩村氏も同様であったに違いない。
当時絵本の編集助手を務めていた岩村氏は挿絵画家や漫画家の原画取りも仕事だったという。締切日になると直接画家宅に伺って原画を手渡ししてもらうのである。
その中に担当した高畠華宵、蕗谷虹二、手塚冶虫といった方達に混じって父の叔父で挿絵画家だった玉井徳太郎もいて、当時上野毛の玉井の家に美大生として下宿していた父と出会ったという。

私が物心ついた頃にはすでに父はいなかったので、母から伝え聞いた事が父の全てだった。だから突然聞きかされた若い父の姿に戸惑いつつも、喜びがこみ上げた。
当時の父は痩身に和服姿で神経質そうな玉井とは対照的な明るい青年だったとのこと。
その後の父の人生を思うと、画家になるべく希望に満ちて絵を学んでいた頃は一番輝いていた時代だと思われたから。
『どんな小さな事でもいいから、思い出したら教えて下さい』と食い下がる私を暖かい気持ちで受け止めてくださった岩村氏。

きっと・・・
鮎が岩村氏の俳句を介して父に引き合わせてくれたんだと思った。
出会った偶然を懐かしみ、句集を読み返すのが楽しみな季節である。 
  
     鮎として来世は逢はむ花の闇  蓬

[PR]
by lime2005 | 2006-06-10 15:00 |

西本智実の『ジーズニ』・・・・

チャイコフスキーが書き残した未完成交響曲『ジーズニ』の日本初演ツアーがサントリーホールで行われた。
 指揮 西本智実  演奏 ロシア交響楽団(チャイコフスキー記念財団)


e0038778_1012124.jpg

****purogram****
      (2F-2列 LB 8 )

チャイコフスキー:交響曲5番

 --intermission--

チャイコフスキー:   
未完成交響曲『ジーズニ』
 
 --encore--

近日公開



この日のサントリーホールはほぼ満席、それぞれが『ジーズニ』に対する期待を胸に秘めて着席した筈だ。私自身もどれ程この曲を待ちわびただろう。
一曲目の5番は西本さんの生き方や今の心情にぴったりと寄り添う曲
ロシア・シンフォニーは編成はやや小さいながらも、クラリネットが奏でる重々しい序奏から深くて重厚な音が・・・紛れも無いロシアの響きである。
『運命』に逆らってひたすら前に突き進む感じが、力強さと独特の哀切感で表現されていく名曲を渾身の指揮と演奏で聴かせてくれた。

そして『ジーズニ』、変ホ長調、第3楽章のこの曲は全体に表層的で明るい印象。そこかしこに優美な旋律が漉き込まれた紛れの無いチャイコフスキーの曲として目の前に現れた。
しかし、作曲された年代が5番と6番の間とは思えない、『運命』『疾走』『絶望』『死』・・・と言ったキーワードを微塵も感じさせない曲調に驚く。
特に第2楽章の愛のささやきのような幸福感は一体何処から来るものなんだろう~と考え込んでしまった。
そこで頭を過ぎったのがモーツアルトの弦楽五重奏曲第4番の最終部分。
小林秀雄が『涙の裡に玩弄(がんろう)するには美しすぎる』と評した長い疾走するかなしみを表現した短調から、突然明るく単純な長調に転換される意表をつく部分である。
それは長い苦しみから解き放たれて自由になる瞬間のイメージ
モーツァルトは確信犯的な巧妙な仕掛けでこの転調をやってのけたのだと思うが、『ジーズニ』にも同じような作為を感じた。でなければ例え未完で封印される運命を辿った曲としてもその頃のチャイコフスキーの向っていた音楽とはかけ離れて感じるからである。

 私にとっての『ジーズニ』とは・・・後期交響曲の完成された揺るぎない素晴らしさを再確認し、それでも苦しみから解放されずに曲を未完のまま封印させて死へと突進んだ作曲家の無念を突きつけられた、そんな曲である。
 さて、演奏会を成功に導いた西本さんにとって『ジーズニ』とは何だったのかをぜひ知りたいな!!
[PR]
by lime2005 | 2006-06-06 09:42

焼き野菜サラダ・・・

先週末、鎌倉の市場でズッキーニそら豆を買った。ズッキーニはグリーンとイエローの2種類。それにパプリカの赤とイエローを合わせて焼き野菜のサラダを作った。
e0038778_0322356.jpg


作り方は簡単で、輪切りにしたズッキーニ、丸ごとのパプリカ、さやつきそら豆を焼き網にのせて直火で焼くだけである。
ズッキーニとそら豆は程よい焦げ具合まで、パプリカは皮が真っ黒になるまで焼いて、皮を剥いて縦に8等分にきっておく。
  <ドレッシング>
オリーブオイル:ワインビネガー=2:1に塩、コショウのイタリアンドレッシングで合えて盛り付け。茹でたスナップえんどうやベビーほうれんそうを添えて飾り付け。
バルサミコ酢大さじ3としょうゆ小さじ1を合わせてフライパンで強火でとろりとなるまで煮詰めたバルサミコソースをかけていただく。

そのままいただいても甘味の強いパプリカを直火高温で焼くことで更に甘味が増し、香ばしさが加わって美味しい。とにかく皮が真っ黒になるまで焼くのがポイント。

e0038778_155975.jpg

盛り付けに使ったお皿とワインは鎌倉のdeux mill deuxで購入。

ポルトガル製の素焼き風なのに艶が綺麗なお気に入りの1枚。
麻のテーブルクロスと合わせて初夏仕様に・・・。

ワインはロワールの爽やかな酸味と香りが野菜の甘味にピッタリの
ミュスカデがお供。




何故直火焼き野菜が美味しいのだろう。
旨味が逃げず、水分だけが程よく抜けて、甘味と旨味が凝縮するせいだろう。
茹で野菜は旨味や栄養がゆで汁に出てしまうのがもったいないしね・・。
合理的な(及び原始的)調理法と言えるかもしれない。

そら豆は枝豆が出回る頃にはそっと姿を消してしまう。
暫し、春の名残野菜を楽しみたい一皿である
[PR]
by lime2005 | 2006-06-05 07:40 | お料理