<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ミレイ展の『オフィーリア』・・・

いよいよ今週から社会復帰。まだ早いスピードでは歩けませんが、今のスピードもまんざらでもないかなと、黄金色の銀杏並木を学校に急ぐ小学生達に抜かされながら思います。

前売り券を買っていて最終日にぎりぎり間に合った『ミレイ展』
只一枚『オフィーリア』の絵を見届けたくて駆けつけた。
そして、その絵は息を呑む美しさで目の前に現れた。
e0038778_143850.jpg

ジョン・エヴァレット・ミレイ <オフィーリア> 1952年) 《 ロンドン、テイト・ギャラリー所蔵 》

『ハムレット』の悲劇のヒロインのオフィーリアが足を滑らせて落ちた小川を、ミレイはロンドン郊外のホッグズミル川を舞台として、植物図鑑的精緻な自然、草花の描写を背景に、恍惚状態で水面を流されていくヒロインの儚い美しさを表現。つい先程まで花環にする為に摘んでいた鮮やかな花の色彩が、光をとどめる木々の深い緑が、オフィーリアの悲劇性を一層高めるように配置された哀しみの絵画である。

『小川のふちに柳の木が、白い葉裏を流にうつして、斜めにひっそりと立っている。オフィーリアはその細枝に、きんぽうげ、いらくさ、ひな菊などを巻きつけ、それに、口さがない羊飼いたちがいやらしい名で呼んでいる紫蘭を、無垢な娘たちのあいだでは死人の指と呼びならわしているあの紫蘭もそえて。そうして、オフィーリアはきれいな花環をつくり、その花の冠を、しだれた枝にかけようとして、よじのぼった折も折、意地悪く枝はぽきりと折れ、花環もろとも流のうえに。すそがひろがり、まるで人魚のように川面をただよいながら、祈りの歌を口ずさんでいたという、死の迫るのも知らぬげに、水に生い水になづんだ生物さながら。』
<ハムレット、4幕より(シェイクスピア・福田恆存訳・新潮文庫>


ミレイは音楽のように流れる時(シェークスピアの言葉の世界)を輝くような絵筆で、現実此岸の風景の中に緻密に、忠実に描き込む。
モデルとなったエリザベス・エレナ・シダルには真冬にお湯がたっぷり入った浴槽に古いレースのドレスを纏わせて横たわらせ、長時間写生を続けたという。途中で浴槽の湯を温めるランプが消えて気付かず風邪をひいたシダルの父親に訴えられたというエピソードもあるそうだ。
自然や草花のスケッチも朝から日没まで5ヶ月間もの長い時間をかけて植物学的な正確さに固執。テイト・ギャラリーでは後に植物学の教授がこの絵を前に生徒に講義をする場面を見かけるほどだったとか・・。
何と言ってもこの絵の魅力は背景の(舞台)の現実性と物語(虚構)の融合(調和)の素晴らしさじゃないかと思う。
オフィーリアは水を含んで沈んでいくドレスの重みに諦めの歌を口ずさんだと言うが果たしてそうだろうか?私にはその僅かに開いた赤い艶かしい唇に生への執着と微かなエロティシズムさえも感じたからだ・・・。ミレイの心理描写の妙には息を呑んだ。
[PR]
by lime2005 | 2008-10-29 00:21 | 寄り道

シュナイトさんのブラームス・・・

これまで温かいお見舞いの言葉を本当に有り難うございました。
お陰さまで骨折はギブスが取れてゆっくりなら歩けるようになりました。
社会復帰まであと一歩、リハビリを兼ねて一ヶ月ぶりに音楽会に~♪

神奈川フィルハーモニー管弦楽団の第247回定期演奏会を聴く。

 指揮: ハンス=マルティン・シュナイト
 ソロ・コンサートマスター: 石田泰尚
 
***purogram****

ヴェートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 
       ヴァイオリン・ソロ : 竹澤恭子


--intermission--

ブラームス:交響曲第4番


久しぶりの友人達と愉しい食事歓談の後、みなとみらいホールへ。
週末の夜とあって会場はほぼ満席。

まずはヴェートーヴェンのコンチェルト。
初めて聴かせていただく竹澤さんのヴァイオリンは強い意志を感じさせるような伸びやかな音色。
拍を刻む身体に添う黒いドレスラインに大人の色気を感じさせる、そんな女性。
テンポはゆったりとして柔らかくロマンテイック。全体にトーンを抑えて音のひとつひとつに思いを込めていくような演奏に、竹澤さんのヴァイオリンがくっきりと浮かび上がるコンチェルト。
『叙情』は満ち溢れるほどあったのですが、それが最終楽章までひたすら流麗に流れて歌い継がれいく、聴き手には少々忍耐の要る演奏だった。

続いてブラームスの4番。
こちらはもっとビックリ。こんな抑制の効いたブラームスは初めて聴いた。
とにかく音のメリハリや揺さぶりが無く、感情面に訴えかけるような音をあえて抑えたような演奏で、ブラームスの沸々とした内気なロマン性をそのまま音にしたらこんな演奏になるのかな?なブラ4(笑)そしてそれはシュナイトさんだからこそこのブラ4なんじゃないか、と3日経ってようやく思えるようになってきた。
実は前日にリハーサルを見学させていただいて、『ブラームスは歌が大切』と語っていたシュナイトさん。練習中、気に入らない音の箇所で何度でも弾き直しをさせて『歌』を求めていたが、シュナイトさんにとっての『歌』って決してベル・カント(スタイル)で歌いまくる事じゃないことが明確に判明。もしかしたら私は『歌』ってものを誤解しているのかもしれないと思わされた。
改めて『歌』って何??!!!と自分に問いかけてみる。

オケが春のシューマンを聴いた時程に音が出ていなかったのが何とも残念でしたが、シュナイトさんのブラームスはまたぜひ聴いてみたいと思った。その解釈ゆえに・・・・。
(ちなみに2009年3月、ミューザ川崎でブラ1)
[PR]
by lime2005 | 2008-10-18 20:48 | 音楽

牛蒡とベーコンのパスタ・・・

秋たけなわ。
こんな好季節に外出ままならない状況も後数日・・・。
いよいよ今週はギブスが外れて二足歩行に戻れそうです006.gif一ヶ月、思えば長かったあぁ~。

使わない足の筋肉がおちてしまったのか、ギブス装着当時はパンパンに浮腫んでいた足が、まるでゴム長靴を履いてるかのようにゆるくなってしまい、切開するまでも無くスポット脱げてしまいそうです。本当に脱げたら困るけれど(笑)
足が痩せるなんて此処何十年も体験した事がないので喜び勇んで医者に告げたら
『歩き始めたら直ぐに(やたら強調!!)元にもどりますよ!!』って先生いじわる021.gif

生協から瑞々しい牛蒡がどっさり届いたのでブランチのパスタに。
e0038778_1783914.jpg


牛蒡の甘味やゴマの香りを味わえるシンプル和風パスタで、調味料は白ワインと醤油と塩・胡椒だけ。

【材料】(2人前)

パスタお好みを200g+茹でる時に塩、牛蒡100g、ベーコン3~4枚、唐辛子1/2本、煎りゴマ適宜、白ワイン、醤油各大1・5

【作り方】
(1)牛蒡を皮むき器で4cmぐらいのささがきにして水につけ、全部切り終わったらザルで水を 切る。
(2)ベーコンは7~8mmの幅に切り揃える。

(3)唐辛子は水につけて柔らかくして種を取って小口切りに。ゴマは鍋かフライパンでカラいり   して温め、包丁で刻んで切り胡麻にしておく。

(4)パスタを茹で始めたら、フライパンを少し温めてベーコンを炒める。ベーコンから出た油で
  牛蒡がしんなりするまで炒める。(油分が足りなければ少し足して炒める)

(5)白ワインと醤油を加えて 全体をかき混ぜたら赤唐辛子の小口切りを加える。

(6)茹で上がったパスタに分量外のオリーブ油と醤油を各大さじ1ぐらい加えて馴染ませる。

(7)牛蒡とベーコンのソースにパスタを合わせて、胡麻、塩、胡椒で味を調える。

・・・・と驚くほど簡単なのですが、
こだわりは胡麻を直前に温めて切り胡麻にする事でより香りが立つ事。胡麻は皮が硬くて消化も悪いので、そのままいただくより切り胡麻や摺り胡麻にした方が栄養吸収も良いようです。
また、和風醤油ベースのパスタは茹で上がったパスタに油と醤油を馴染ませておくことでソースの絡みがよく食べ易くなる事でしょうか。
唐辛子は1/2本でもかなり効きますが、辛いのがお好みの方はぜひベーコンを炒めるタイミングで鍋に投入してみて下さい。加熱するほどに辛味が増す食材です。
牛蒡がしっかり旨みを含んでシャキシャキとした食感と香りがご馳走のパスタ。
秋らしくキノコをプラスしても美味しいですね。
あ、味付けの白ワインは料理酒じゃなくとっておきの秋ワインにしてみました<Pさん016.gif
[PR]
by lime2005 | 2008-10-12 17:21 | お料理

須賀敦子が愛したもの・・・

e0038778_21274883.jpg今月の芸術新潮は須賀敦子さんの特集。
没後10年、もうそんなにたったんだと思う。お元気で健筆を揮っていらっしゃったら今年79歳を迎えられた。
未定稿に終わった初めての長編小説『アルザスの曲がりくねった道』も読みたかったし、何より美しい静けさを湛えた、たましいの暗闇を超えてきたような珠玉のエッセイをまだまだまだまだ読みたかった。
特集は坂道でたどる須賀敦子と題してイタリアはローマ、ミラノ、そしてアッシジを須賀さんの足跡を訪ねて追回想するもので、テーマは坂道と美術。
また『沈黙の空間』という船越桂さんに寄せた全集未収録エッセイや全集の表紙絵を飾った、ちょっと須賀さんの文章にも通じる世界をお持ちのイタリアの静物画家、ジョルジョ・モランディにも記事が及び須賀ファンにはお奨めの一冊。

そんな須賀さんとの出会いは『塩一トンの読書』という短いエッセイだった。
その書き出し・・・
 『ひとりの人を理解するまでには、すくなくとも、一トンの塩をいっしょになめなければだめなのよ』

新婚時代の須賀さんが夫であるジュゼッペ・リッカ氏のお義母さまから授かった言葉。その活字が目に飛び込んで来た時の衝撃たるや・・・塩一トンは決して誇張じゃないのだろうと思うだけに意気地無しの私には遥か遠い言葉に思えた。

今は全集の3巻目、『地図のない道』・・・・須賀さんとの旅はゆるい坂道を登るようにまだまだ続く・・・。
[PR]
by lime2005 | 2008-10-02 21:27 | 日記