<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

白夜に紡ぐ・・・

染織家志村ふくみさんの最新刊エッセイ、『白夜に紡ぐ』を完読。

e0038778_912145.jpg娘が『500色の色鉛筆を買おうかな~』と呟く。
『名前は一本一本ついているの?』と聞き返す。
『一応ついているけれど深くつっこまないで!!』とはぐらかす娘。
なるほどね・・・。ハーレクイーン・ロマンス風??!(笑)』
まあそれは大目に見て、化学染料ってこんな鮮やかな色相関を展開出来るんだって、これはこれで感動しますが・・。

色とは何か、色は何処から来るのか、色は本当に色なのだろうか
この人は終生、植物染料にこだわって、『一色一生』望みの色を探し続けている人。


軒先に隣りあわせで干した、庭の緑の木々にすぅーと溶け込んで自然の空気を吸いこんでいるような植物染料で染めた『灰色』の糸と、その隣でひとりでそっぽを向いて浮き上がっている化学染料の糸を比べて見た時が植物染料との出会いだったと言う。

この感覚は凄く解るし、私も体験した事がある。
数年前に鎌倉のペレンデールで棚いっぱいに置かれた草木染のシルクの糸を目にした時、色の光の源泉が零れ溢れていた、あの色達なんだと。

エッセイはそんな自然界に求めた日本の色の求道者の色との出会い、当然手繰る色の歴史から万葉集や古今集、源氏物語の中に色と共に暮らしてきた日本人の感情や精神に触れる件が圧巻。

例えば『減紫』と『褪紅』という二つの色。紫や紅が退化した色だろうか。
紫はあせるのではなくて、ほろびる。紅はほろびるのではなくて、あせるのだそうだ。
実際に紫は根で染めるから、終極。滅びるしかなくて、紅は花弁で染めるから褪せて、散る。
退化した色にさえ名前があって、退化のしかたでまた呼び名が変わるなんて、どれだけ自然が身近にあったかを万葉詩人が教えてくれるくだり・・・5回は読み返しました(笑)

そして源氏物語と色、切っても切り離せない関係・・・
 『匂う』
 『うつろう』
 『なまめかし』
 『あはれ』
 といった言葉の色をひとつひとつ検証していく。夢のような時間が文中に流れる・・。

エッセイの中盤には17歳で出会って再び読み返す感動を綴った『ドストエフスキー・ノート』
タイトルの白夜はここから。後半は『折々の記』と題した交遊録。

読後、志村さんがずっと見つめてきた『色』って、見えている色の奥にある人の手ではどうする事も出来ない『神秘』そのものじゃないかと思えてくる、そんな一冊でした。
[PR]
by lime2005 | 2009-02-24 22:54 | 日記

泥んこ遊びの効能・・・

e0038778_22194759.jpg

マンションの中庭で泥んこ遊びに熱中するの子供達に遭遇。
最近は外で遊ぶ子供がめっきり減ったせいか、この寒空に泥団子作りに夢中の
彼と彼女達とがやけに新鮮072.gif

『何を作っているの?』と聞いてみた。
『小鳥のお家・・・』
見ると側に小さな、小鳥が一羽入りそうな横穴が掘られている。
今はその天井部分を泥団子で塞いでいるところそうだ。

e0038778_22261012.jpg

スコップを持っている男の子は二人の女の子の弟分で、
『ダメ!ダメ!もっとちゃんと練らないと壁が崩れるでしょう!!!』
・・と不器用な彼にお姉さま達がダメだし。
その甲斐あってか、耐震構造の屋根が出来上がったみたい(笑)
おおぉ~う、その言葉を職場のクラスの受講生に聞かせたい!!!!

ここ5~6年とみに感じている事は、料理をしていて『手』を上手く使えない人が急増している事。
それは包丁使いはもとより、挽肉を捏ねてつみれやつくねを作るといった技巧的な事や、菜箸他調理道具の使い方全般に現れていて時に戸惑う。
年末に昆布巻きを実習した時、巻き上がった昆布を最後にかんぴょうで結ぶのですが、
『たて結びにならないように結んで下さ~い』と、これは私の拘り(昆布巻きの常識だけど・笑)で
徹底指導。出来ていない人は解いてやり直し!!!見回ると3人に一人の割合で立派なたて結びに。031.gif怒!!!!
しかも立て結び自体に気付いていない人も少数だけれどいた。
靴の紐もプレゼントのリボンも今の今まで結んだ事がなかったのかしら??????
鮮魚や生肉をさわれない人には今さら驚かないが、きのこの触感が気持ち悪いという人まで現れた。
『手』を圧倒的に使ってこなかった事が実によく見える職場である(笑)

では最後に・・・
調理ボールの中で出来上がった酢の物があるとします。
これを小鉢に盛る時、貴方ならどうやって盛り付けますか?
どう盛り付けようと食べられればいいんじゃない?という貴方にはダメ出しを034.gif
調理ボールの中でおよそ人数分に分けたら、1人分をある程度の形を整えておいて、
利き手の菜箸に反対側の手を添えて一度に小鉢に移したら具のバランスを見ながら微調整・・・。こんな所にも『手』が大活躍。手では汚いなんて言わないで!!決して菜箸だけで何度も往復させないで!!!
綺麗な所作は『美味しい』に直結している!!と私の持論。

泥んこ遊びにも素晴らしい効能があるに違いない、少年!少女達!!
近い将来に!!!!きっと、きっと。
[PR]
by lime2005 | 2009-02-16 22:19 | 日記

猫を抱いて象と泳ぐ・・・

小川洋子の新刊、『猫を抱いて象とおよぐ』を読了。
物語の素材はチェス。あの『博士の愛した数式』で数式の美と奇跡を語った筆が、10の123乗通り『しか』存在しない棋譜の美と無限について語る物語。

e0038778_832951.jpg主人公の少年は唇が閉じたままで生まれた寡黙な少年。
体が大きくなりすぎて屋上動物園で生涯を終えた象のインディラと壁の隙間にはまって出られなくなった女の子のミイラだけが友達。
7歳の時に巨漢のマスターにチェスを習った少年はメキメキ天分を発揮、テーブルチェス盤の下にもぐって熟考する特異なスタイルでチェスを打つ。その姿が『盤上の詩人』と呼ばれたロシアの天才チェスプレーヤー、アリョーヒンの再来とまで言われリトル・アリョーヒンと呼ばれるようになるが・・・・


以下本文より抜粋・・・

マスターは両手を摺り合せ、チェスを始める時にいつも見せる、少年の大好きな表情を浮かべた。『ゲームの記録はな、棋譜って言うんだ。これが書き記されていれば、どんなゲームだったか再現できる。結果だけじゃなく、駒たちの動きの優雅さ、俊敏さ、華麗さ、狡猾さ、大らかさ、荘厳さ、何でもありのままに味わう事ができる。たとえ本人が死んだあとでもな。棋譜は人間より長生きなんだ。チェス指しは、駒に託して自分の生きた証を残せるってわけだ』・・・・・


『口のある者が口を開けば自分の事ばかり。
     自分、自分、自分・・・チェスに自分など必要ないのだよ』


『心の底から上手くいっている、と感じるのは、これで勝てると確信した時でも、相手がミスをした時でもない。相手の駒の力が、こっちの陣営でこだまして、僕の駒の力と響き合う時なんだ。そういう時、駒たちは僕が想像もしなかった音色で鳴り出す。その音色に耳を傾けていると、ああ、今、盤の上では正しい事が行われている、という気持ちになれるんだ。上手に説明出来ないけれど・・・』
『ああ、分るよ。よく分る。』
マスターは親指を立て、OKサインを出した。
『つまり、最強の相手が最善とは限らない。チェス盤の上では、強いものより、善なるものの方が価値が高い。だから坊やの気持ちは正しいんだよ。』



やがてマスターを失ったリトル・アリョーヒンは自ら成長を止め、からくり人形に入って秘密のチェス倶楽部でチェスを差し始めて物語は展開を見せ令嬢夫人や国際マスターS氏との対戦が続く。が、リトル・アリョーヒンの目指すチェスには常に自己の開放と盤上に綴られる美しい『詩』の軌跡が存在した。
これは小川洋子が『盤下の詩人』に託して全ての孤高の芸術家に通じる理想像を描いた物語じゃないかと思えてならないのだが・・・。

チェスは詩、
チェスは人、
そしてそれを抱く深遠なる海・・。
[PR]
by lime2005 | 2009-02-06 01:53 |

召しませお花・・・


e0038778_1482061.jpg

エディブル・フラワーの使い方をローズガーランド主催の久木倫子さんに教えていただいた。
春が待ちきれないような鮮やかな花達を食す、それがエディブルフラワー。おそらく人類は誕生した時からずっと花を食べ続けてきたと久木さんは話す。

写真左から真紅のエディブルローズ・スナップドラゴン・プリムラ(さくら草)・ビオラがレッスンの花達。扱い方と注意事項の説明が終わると早速実習。2種類のディップとカナッペ用のブレッドを使ってオードブルにアレンジするというもの。

久木さんに一つだけお手本を示していただいた後は各自自由にアレンジして仕上げる。

e0038778_2543572.jpg素材です。
添えるハーブは花の香りを邪魔しない優しいものを。
ディル
イタリアン・パセリ
ミント
穂しそ・・・

ココットのミニコロッケは見えないけれど薔薇の花びら入り。
(料理名・花びら入りカラフルクロケッタ・笑)



e0038778_14515557.jpg先生お手製絶品手作りデイップは
アボガドベースとヨーグルトベース。



e0038778_14505459.jpg




トッピングは花に無い色(必然と黒)をアクセントとして
ブラック・オリーブ、ラム・レーズンナッツ(胡桃)、ドライ・カシス
チョコチップ&ピンク・ペッパー
など・・・。




フラワーアレンジメントをするように組み合わせていく事30分後 完成~
e0038778_1449088.jpg

カナッペ用ブレッドにたっぷりデイップをのせて花びらを飾っていく一口カナッペ。
この段階でいろいろなアイデアが浮ぶ。オードブル、サラダ、冷菓のアレンジにも使える。


e0038778_343721.jpg

スナップ・ドラゴンは優しくて甘い香り。
ピンクの他にイエローや白もある。
何年か前に作った鯛鱠に散らしたのを思い出すが、ガクも取らないでそのままいただいた記憶。
Fさん、無知だったわ御免なさい~~(時効・笑)






e0038778_1583089.jpg
きりっと紫のビオラにはアントシアニンたっぷりで抗酸化作用大。
花達の栄養的な効能はハーブに準ずると言う事で、むしろアロマに近いかな。
火を通して調理すると色と香りが退化するので、更に上の知識が必要とか。




e0038778_1535397.jpgこぼれる薔薇の花びらをイメージしたデザートデイップにはチョコとラムレーズンを。
これは自信作なんだけれどいかが?
やはり薔薇は花の女王様。香味はどの花も寄せ付けずという感じ。
久木さんによると、薔薇は種類によって全部味と香りが変わるそうで、上級になると薔薇だけを極める講座も開催するのだとか。
香りを抽出するダマスクローズならではの味と香りにクラクラ・・・



e0038778_1563220.jpgローズティーをいただきながら試食。
ふと、子供の頃の散歩中にデジャブ。
愛犬(コロとリュウ)2頭を連れて散歩中に、祖母の花畑で仏花を貪り食うワンコ達を羨ましく思う自分。ああぁ~今やっと望が叶ったのね~。
『どんなに美しくても決して花屋の花は食べないで下さい』・・・の久木さんの言葉に現実に引き戻されるのであった。(笑)
お花を召しませ!!! 
[PR]
by lime2005 | 2009-02-01 01:48 | お料理