<< クリスマス菓子Vol.1 シュ... nouveau vin & ... >>

インカのめざめ・・・

先週の金曜日、『インカのめざめ』と衝撃的に出合った。(またまたなんのこっちゃ!ですね~。)
午前中渋谷で仕事を済ませて、昼食は銀座のイタリアン、トラットリオ『Baffo』・バッフォー・に行った。
シェフの黒川さんは、私が助手時代に外来講師として招かれていたシェフさんで、オペラ歌手のような甘い風貌と親しみ易いお人柄で人気があった。現在はシェフに専念されているが、店は開店当時からのファンで海鮮イタリアンがリーズナブルで美味しい。
お昼は、サラダ・パンとワンプレート、飲み物のランチメニューだが、いつも最初に出されるじゃがいものサラダが美味しくてずっと気になっていた。
その日はデザートにいただいた<かきのシャーベット>が美味しかったのでお声をかけたら、変わったアイスクリームを食べさせてくれる・・というのでもう一度席に着く。
冷蔵庫から出してきたカップからサービスしてくれたそのアイスクリームの色は少し濃い目のバニラの色。一匙すくって舌にのせると自然の甘味の下から意外な味が・・。でんぷんの粒子が舌に残る。じゃがいも・・・!!!!!
厨房に消えたシェフが持ってきたのは新じゃがのようにころころとしたじゃがいも。名を『インカのめざめ』別名農林44号。そこであっと!気が付いたのだが『いつものアンティパストのサラダの主は君だったのか~』である。
紫いものアイスやじゃがいものパンケーキ(アップルソースでいただく)なんてあるぐらいだから芋をデザートにするのは珍しくないが、じゃがいもとアイスクリームは結び着かなかった。やられました!!!
e0038778_864052.jpg

このじゃがいものを茹でただけで味わってみたい・・・という気持ちを読まれてしまったのか、帰りに1キロほど持たせてくれた。包丁で切ってみると刃に吸い付くような柔らかさ。
色は少しオレンジがかった鮮やかなサフラン・イエロー。

e0038778_8163725.jpg

早速、茹でていただいてみる。甘いけれどさつま芋の甘みとは違う。食感は栗に近いほくほく&まろやかでクリーミー。で、何といっても味に深みがある。
スライスしていんげんと合わせて温サラダに。ドレッシングは控えめの味にした。
黒川シェフはたまねぎとベーコンに合わせていた。


e0038778_8165946.jpg


次に揚げじゃがに。ゲランドの塩だけでいただく。
これまた絶品!!肉質が柔らかいので半分に切って5分で揚がる。
冷えたビールが進みそう。


じゃがいもは北あかりが好きでよく箱買いするが、暫くインカ・・に浮気必至。でも何処にも売っていない。ネット販売しか手は無さそう。値段を見て更に驚く。キロ・・1000円。生活価格には遠い。まだ認可されたばかりで本格的な流通前だが、いつかあたりまえに店頭にお目見えする日をぜひ心待ちにしたい。


e0038778_8513076.jpg
ちなみトラットリオ『Baffo』は絶対お奨めレストラン。薄焼きピザ、桜チップで燻した甘鯛、など薪の石釜が大活躍。店内に入るとすぐに目に飛び込んでくる薪の炎と香りがたまらない。家庭的な暖かい雰囲気の店内もいい。
歌舞伎座からはすぐ。クラシックファンは王子ホールの帰りに演奏会の余韻を楽しみながらいかがでしょう~。行かれたらじゃがいものアイスクリームもぜひ
                  お試しあれ。
[PR]
by lime2005 | 2005-11-28 10:15 | お料理
<< クリスマス菓子Vol.1 シュ... nouveau vin & ... >>