<< お菓子歳時記 ・・・Choco... 春立つ・・・ >>

テーブルウェア・フェスティバル2006 vol 1 ・・・

東京ドームで年に1度開催される、『テーブルウェア・フェスティバル2006』暮らしを彩る器展に行ってきた。国内外の一流ブランドの新作に出会える他、個性溢れるテーブルコーディネイトが楽しめる食空間のお祭である。
ボリュームのある展示会なので、  『Vol.1・・ロシアの至宝』
                      『Vol.2 洋のコーデイネィト』
                      『Vol.3 和のコーディネイト』  と3部に分けて紹介する。

 《 Vol1. ロシアの至宝・・ロモノーソフ 》

真紅の薔薇とシルクのナプキンが器に映えるこの陶磁器はロシアの名窯、ロモノーソフ
今年のフェスティバルの洋食器一番の見どころとして注目された。

e0038778_1381236.jpg
e0038778_9542789.jpg













コバルトブルーの手書きのネットに22金のリボン模様がかけてある上品で清々しいデザイン。



e0038778_9223710.jpg
陶磁器の魅力は抜けるように輝く白さにある。このロシアの知られざる陶磁器、ロモソーノフのコバルトネットシリーズはその白と鮮やかなコバルトブルーのコントラストが卓抜。以前単品では目にしたことがあったが、やはりフルセットは圧巻。どんな料理が盛り付けられたのか、サンクトペテルブルグ宮殿でエカテリーナ2世に愛された名品だそうだ。余計なデコレーションは必要としない凛とした美しさがある。


                                    ロシアのお茶の時間
e0038778_11213745.jpg
こちらは銀のサモワール(卓上湯沸し器)と茶器。
サモワールは現代ではほとんど使われずにインテリアとして使用されるのみだが、かつてロシアのティータイムには欠かせないものだったようだ。
ロシア式は濃く煮出した紅茶を茶碗に注いだら、サモワールの熱い湯で薄めながら何杯もおかわりをして飲み干すのだそうだ。
スーシカ(デザート)にはジャム入りのピロシキやブリャーニキと呼ばれるハチミツ入りの焼き菓子が所狭しと並べられたに違いない。

サモワールの上にはお茶が冷めないようにポットのせておくのだが、これが何とも危なっかしい。名窯のポットだけにハラハラさせられるが、ポットがのせられることでこのサモワールの意匠が完成されると思わせるほど一体感が美しい。

昔読んだロシアの小説にはこのサモワールがよく登場した。そのくらい身近な道具だったのだろう。その中でツルゲーネフの『猟人日記』には野天のサモワールシーンが出てきて、日本の野立ての茶会とは似ても似つかぬ野趣味タップリのお茶会に心惹かれた憶えがある。

e0038778_22462520.jpg
e0038778_6328.jpg









インドの風景と題されたティーセット。

e0038778_22554138.jpg
e0038778_633811.jpg









ロシア・・と言えば民話に登場してバレエ音楽としても有名な『火の鳥』
一つ一つ手書きで描かれた民芸風のモチーフが愛らしいティーセット。

e0038778_665715.jpg
e0038778_673227.jpg








アナスタシアと名づけられたこの陶器は皇女アナスタシアの誕生日にでも使われたのだろう。明るい空色にかなり控えめの金彩を纏った花模様。このアンバランスな感じが少女から大人へのイメージ。

サンクトペテルブルグという都市は『ヨーロッパの窓』を自負したピョートル大帝の芸術作品とも言えるが、その宮殿の中で愛された名器にも限りない西欧への憧れが息づいてたのだと感じた。
[PR]
by lime2005 | 2006-02-11 07:30 | テーブルコーディネイト
<< お菓子歳時記 ・・・Choco... 春立つ・・・ >>